中国で最も普及しているスマートフォン用SNSアプリ『WeChat』を使用した決済システムで、あらかじめ登録した銀行口座から自動で引き落としができる仕組みのサービスです。中国、台湾、香港から来日する旅行客はほとんど『WeChat』を利用しており、SNSアプリをダウンロードしてあればスマホひとつで決済できることから普及が進んでいます。

現在、約9億人が利用しているモバイル型決済システムです
WeChat Pay決済のメリット
QRコードで決済が簡単に

QRコードでスピーディに決済ができるので、レジが混雑することがありません。

格安の手数料

一般的な中国人向け決済と比較して店舗の決済手数料が安価にご利用いただけます。

レジの回転効率UP

印刷したQRコードでも決済ができます。店頭や屋台など決まった金額の商品をひとつのQRコードで決済処理できます。

WeChat Payが普及した理由
SNSの拡散機能による集客効果

母体であるWeChatはSNSが本来の役割であり、他のSNSと同様に拡散機能がついています。WeChatPayで決済を行うユーザーは当然、SNSを利用しているので口コミの拡散による集客効果が期待できます。決済の環境を整えると同時に、インバウンド対策のソリューションにもなる、そんな便利なツールなのです。

タイプ別決済の流れ

WeChat Payはシーンに合わせて多彩な決済方法を用意しております。

CAT端末タイプ
店頭でも出先でも決済可能!
IC対応型クレジット決済端末で店頭、出先での決済に対応!

IC対応型クレジット決済端末でWeChatPay決済の対応が可能です。
内蔵プリンターでQRコードを印字する事が可能なため、テーブル会計やデリバリー等でもご利用できます。
タクシー等でのご利用でもわざわざ端末をお客様の近くへ近づける事なく、レシートを後部座席へお渡して決済が完了します。

対面式MCタイプ
QRコードは使いまわしOK!
WeChat PayMCは同一価格の商品の販売の決済に最適!

WeChat PayMCはあらかじめ作成しておいたQRコードを何度使いまわすことができるので、同一価格の商品ならば都度QRコードを作成する手間がかかりません。
屋台、イベント会場、同一価格の飲食店などでスピーディーな決済をすることができます。

対面式SSタイプ
価格が変わっても決済OK!
WeChat PaySSは変動する価格にタブレットで対応!

WeChat PaySSはあらゆる価格帯の決済に対応できます。店舗側はタブレットに合計金額を入力してからQRコードを決済するようになります。物販店など、購入する商品の組み合わせによって決済金額が変動する場合にも、都度対応ができるようになっています。

WeChat Pay決済料金プラン
初期導入費用 50,000円
システム月額利用料 10,000円
決済手数料 2.5%~
支払いサイクル 月末締め翌月末入金
サービスタイプ CAT端末タイプ・SSタイプ・MCタイプ
振込手数料 400円+税
認証料 なし

アルファノートのクレジットカード決済とWechat Pay決済を同時にご導入いただいた方へ
お得なキャンペーンを実施しております。導入をご検討されている方はぜひともお問合せください!

初期費用 50,000円 → 0円
月額費用 10,000円 → 0円

導入の流れ

まずは機能をお試しください。最短2営業日でご利用できます。