訪日インバウンド事業

アルファノートでは免税書類作成システムと免税店化をサポートする免税店申請代行サービスを提供しています。
訪日外国人の数は2013年度に1000万人を超え、以降も増え続けています。
2012年の時点ではドル円相場も1ドル=70円でしたが、2016年現在は1ドル=100円を超えており、円安背景も後押しして、今後も訪日外国人は増えていくと予想されています。
当社は増え続けている訪日外国人をターゲットにした事業を行っている会社のサポートを行っております。

免税書類作成システム「One Minute」

今まで面倒だった免税書類の作成が、たった30秒で出来てしまうのが免税書類作成システム「One Minute」です。
また、タブレットと端末のみで利用できるので、レジカウンターが狭い店舗様、免税書類用としてPOSレジのカスタマイズが必要な店舗様におすすめです。

免税店申請代行

免税店化に必要な書類、手続き、さらにロゴマークの申請作業まで一括して当社が代行するサービスです。
日本は繁華街を中心に免税店が増え続けています。
免税店のシンボルマークの有無が外国人観光客は買い物をする店を選ぶ基準のひとつになっています。
集客に必要な免税店化を当社がスムーズに行えるようにお手伝いさせていただきます。

WeChatPayment(微信決済)

中国で最も利用されているSNS【WeChat】の決済システムです。
アプリを立ち上げてQRコードを読み込むだけで利用できるので、多くの中国人に使用されている決済システムです。
WeChatによる拡散と決済システムを同時に利用できるので、日本でも大手百貨店や空港をはじめ、多くの店舗に導入されはじめてきました。

各サービスの詳細は下記サイトをご覧ください。