決済専用タブレットサービス

決済画面へのアクセスのみが許可された、MDM管理のタブレット端末を加盟店様にご提供し、クレジットカード決済を行っていただく決済サービスです。 この決済専用タブレット端末を使用した決済処理は、改正割賦販売法で定める「カード情報非保持化※」に対応しております。 なお、通信回線、およびタブレット端末はNTTドコモ社ですので、安定した決済処理がを行うことができます。
※加盟店が保有する機器・ネットワークにおいて、 消費者のクレジットカード情報(カード会員名・カード番号・有効期限等)を「保存」「処理」「通過」しないこと。

決済専用タブレットサービスの特徴

改正割賦販売法「カード情報非保持化」の対策として
2018年の割賦販売法の改正により、クレジットカード決済を導入している店舗様や企業様は、「カード情報非保持化」が義務付けられています。 この「カード情報非保持化」は、ユーザー様がより安心・安全な環境でクレジットカード決済を利用するために義務化され、クレジットカード決済の加盟店が保有する機器・ネットワークにおいて、 ユーザーのクレジットカード情報を「保存」「処理」「通過」しないこと、と定義されています。 店舗様が所持するPCやタブレットなどの端末に直接入力する従来の決済形式では、カード情報が端末自体に残ってしまっていますが、このサービスは当社からMDM管理された決済専用タブレットをお渡しするので、カード情報非保持化への対応が可能です。
電話やFAXでの注文にも使える
対面決済の他、電話やFAX、メールなどでオーダーを受けるサービスを提供している事業者様にも便利な決済サービスです。カード情報非保持化を実現でき、安心してクレジットカード決済に対応できます。

決済の流れ

STEP1
MDM管理の専用タブレットにカード情報を入力し、決済処理
STEP2
アルファノートへ決済情報送信、処理実行
STEP3
タブレットを通し、加盟店様へ決済処理結果を送信