ホテル・宿泊施設

ホテルや旅館をはじめとした宿泊施設では、クレジットカード決済が広く導入されています。予約サイトからのオンライン決済だけではなく、当日ホテルでカード支払いをするエンドユーザーも多くいます。旅行に多額の現金を持っていく必要がないため、エンドユーザーにとっては、クレジットカード決済が可能であることはメリットになります。
政府のキャッシュレス推進施策や訪日外国人観光客の増加により、観光業界のキャッシュレス化はさらに進むと考えられます。

ホテル・宿泊施設での決済方法

現地での現金払い
ホテルの利用料金の支払いには、現地での現金払いがあります。エンドユーザーはホテルを利用した後にフロントで現金を支払うという、最も一般的な決済方法です。しかし、支払いが高額になってしまう点やおつりの受け渡しミスが発生してしまうなどのリスクが発生します。
現地でのクレジットカード支払い
現地での支払いにはクレジットカードなどのキャッシュレス決済を利用することもできます。サービスの追加利用などホテルを利用中に発生した料金を合わせて支払うことができます。現金を使用しないため、チェックアウトにかかる時間を削減でき、フロント業務の軽減にもつながります。
オンラインでの事前カード決済
ホテルの利用料金は、現地での支払いだけではなく、事前にオンラインで決済をすることもできます。最近では、オンラインで予約できるホテルも増えてきているため、予約してそのままクレジットカードで支払いを済ませることができます。

クレジットカード決済を導入するメリット

訪日外国人へ選ばれやすい
クレジットカード決済を導入することで、訪日外国人に選ばれやすいホテルになります。中国をはじめとしたアジア諸国から日本を訪れる外国人観光客は年々増加しています。海外では日本以上にキャッシュレス決済が浸透しているため、現金払いしか対応していない宿泊施設よりも観光客に選ばれやすいといえます。
現金所持のリスク軽減
現金払いでは、おつりの受け渡しによる現金の数え間違いといった人的なミスが起こりえます。加えて宿泊料金の支払いは高額になるため、盗難などのリスクも生じてしまいます。一方で、クレジットカード決済では、クレジットカード情報漏えい防止のためのカード情報の非保持化など、万全のセキュリティ対策を行っているため、現金よりもリスクを軽減させることが可能です。
≫クレジットカード決済のセキュリティについてはこちら
フロント業務の効率化
ホテルのチェックインやチェックアウトの会計は、フロント業務のなかでも時間がかかってしまいます。現地での会計にクレジットカード決済を導入することで、おつりの受け渡しにかかる時間を短縮することができます。さらに、オンラインでの事前カード決済を導入していれば、予約の段階で会計を済ませることができるため、現地で会計する手間も削減されます。

ホテル・宿泊施設におすすめの決済サービス

現地でのクレジットカード決済で人気のサービス

アルファノートのクレジットカード決済端末機はホテルや旅館などの宿泊施設に便利なレシートプリンター内蔵型の端末です。屋内も屋外での支払いも1台で完結することができます。

オンラインでの事前カード決済で人気のサービス

予約時にオンラインで事前にクレジットカード決済をすることもできます。特に海外からの訪日外国人には最適なサービスです。

ホテル・宿泊施設に選ばれる理由

豊富なキャッシュレス決済
アルファノートでは、クレジットカード決済以外にもQRコード決済や電子マネー決済など幅広いキャッシュレス決済に対応しています。エンドユーザーの希望に沿ったキャッシュレス決済を提案することで、集客効果やリピーター獲得効果が期待できます。
オンライン決済に対応
現地でのキャッシュレス決済だけではなく、Web上でクレジットカード決済が可能なオンライン決済にも対応しています。エンドユーザーは予約時にオンラインでのカード決済と現地での支払いを選ぶことが可能です。
インバウンド決済に対応
インバウンド決済とは、中国や台湾などで多く利用されているQRコード決済をはじめとした、訪日外国人観光客向けの決済サービスです。アルファノートでは、中国で圧倒的なシェアを占めているWeChat PayやAlipay、銀聯カードなど各種インバウンド決済に対応しています。
≫インバウンド決済についてはこちら

クレジットカード決済の導入の流れ

  • STEP:1
    お問い合わせ
  • STEP:2
    お申込書と必要書類のご提出 ※必要書類については問い合わせください
  • STEP:3
    初期費用のご入金
  • STEP:4
    設置作業、ID・パスワード発行
  • STEP:5
    サービス開始