サブスクリプション決済(継続課金)を利用したい

継続課金とは、月額制のサービスや定期購入などの定額プランの引き落としなどに利用される、一定間隔で継続的に利用者から料金を徴収する支払い方法のことです。継続課金は、サブスプリクション決済とも呼ばれます。アルファノートでは、対面決済と非対面決済のどちらの支払い方法であっても、継続課金システムを導入できることから、店舗・ネットショップ問わず、幅広い業種やサービスにご利用いただけます。また、加盟店自身で決済を行う間隔や金額を自由に設定できることも、アルファノートの継続課金の特徴です。当ページでは、導入メリットや継続課金の支払いシステムについて詳しくご紹介いたします。

課金システムの種類

継続課金・月額課金(サブスクリプション)
前述の通り、一定間隔で継続的に利用者から料金を徴収する支払い方法です。未払いの防止に効果的とされており、長期で継続する消費者が多いことから、リピート率の向上や未来売上の確保に繋がるというメリットがあります。動画配信サービスの視聴料や、エステ・美容サロンの定額コース、またスポーツジムなどのサービスを提供する事業者に適した決済方法です。
都度課金
消費者が商品を購入する際、1回ごとに支払いが発生する決済方法です。店舗での買い物、ECサイトの物販や納税に適している課金方法で、最も一般的とされています。決済代行会社を利用する場合、少額決済に対応しているかどうか確認することをおすすめします。アルファノートでは、少額決済にも対応しています。
クイックチャージ課金
通販サイトで多く取り入れられている決済方法で、ネットショップやオンラインゲームサイトなどリピート利用率の高い事業者に適しています。初回の支払いをクレジットカード決済で行うと、決済代行側のシステム上でカード情報が保持され、同じネットショップでの2回目以降のクレジットカード決済の際のクレジットカード番号入力を省くことができます。

継続課金の仕組み

アルファノートの継続課金システムを導入することで、一定間隔ごとの自動引き落としが可能になります。継続課金の仕組み・手順については、下記よりご確認ください。

  • ①加盟店様は、課金対象日・請求金額・課金周期・課金回数を設定します。

  • ②初回決済時にクレジットカード決済を行うことで、決済システムが顧客のクレジットカード情報を記憶します。

  • ③2回目以降は、設定に応じて自動で決済処理が繰り返されます。

継続課金決済のメリット

面倒な書類手続き不要
決済端末や管理画面で初回設定を行うだけで、継続的にクレジットカード決済を実行できます。口座振替と違い、ユーザーに面倒な書類記入をしていただく必要がないので、業務効率の改善を期待できます。
払い忘れ防止、未収率の軽減につながる
初回設定した支払いサイクルで決済処理が自動で行われるので、カードユーザーが払い忘れて未収になってしまった、ということが発生しません。未収金対策としても有効な決済手段です。
契約率の引き上げ
スポーツジムやスクール、動画配信サービスなどの業態は、定額課金にすることで消費者が申し込みをしやすくなる傾向があります。一括で支払うと高額な商品であっても、定期課金にすることで消費者が手にしやすい価格帯にすることが可能になります。

アルファノートの継続課金の特徴

初回0円の設定に対応
初回は決済せず、2回目以降から定額で継続決済を開始することが可能です。例えば、スポーツジムや動画配信サービスなどでよくある「初月無料キャンペーン」などにも利用できます。
課金の日程や周期は自由に設定
月末、月初、15日など、一定間隔で継続的に課金する日程を自由に設定することができます。また、月単位や年単位で課金周期を設定することも可能です。
管理画面で一括管理
毎月の決済売上や顧客情報の確認は、管理画面からリアルタイムで行えます。Excel形式のデータを抽出できることから、店舗運営に欠かせない顧客管理をスムーズに行うことが出来ます。

ご導入の流れ

STEP1
お問い合わせ
STEP2
お申込書と必要書類のご提出 ※必要書類については問い合わせください
STEP3
初期費用のご入金
STEP4
設置作業、ID・パスワード発行
STEP5
サービス開始

おすすめの業種