タッチ決済(非接触決済)を導入したい

タッチ決済は、カードを挿す、QRコードを読み込むといった動作を行うことなく、端末機にスマートフォンやICカードをかざすだけで支払いが完了する決済手法の一つです。非接触の決済のため、感染症の対策のひとつとしても注目されている決済手法です。

タッチ決済(非接触決済)の特徴やメリット

決済スピードUPでオペレーション向上
クレジットカードや電子マネーに対応した決済端末であれば、かざすだけで決済を行うことが可能です。暗証番号の入力やコードの読み取りなどの手間がないため、スムーズに決済を完了させることができます。
安心・安全の高セキュリティ
タッチ決済は非接触のため、カード番号やセキュリティコードの盗用、スキミングの危険もありません。また、世界水準のセキュリティである「EMV(※)」が採用されているため、非常に安全性の高い決済手法です。
※EMV…「Europay、MasterCard、VISA protcol」の略称で、ICチップ搭載クレジットカードの国際規格のこと。
スマホでも決済可能
Apple PayやGoogle Pay、モバイルSuicaなどのスマホ用決済アプリでも、タッチ決済を利用することが可能です。

タッチ決済(非接触決済)に対応した端末機

タッチ決済を導入するには電子マネーは『Felica』、クレジットカードは『Type A/B』の規格に対応した端末機を導入する必要があります。
日本の電子マネーで採用されているのは、ソニーが開発した日本独自の「Felica(フェリカ)」という通信規格です。一方、クレジットカードのタッチ決済に使われている規格は「Type A/B」という「Felica」とは異なる規格です。 「Type A/B」は世界中で広く普及しており、日本国内ではtaspo(タスポ)などに採用されています。
タッチ決済に対応した端末機はこちら
≫ポータブルマルチ決済端末