オンラインレッスン

英会話スクールや予備校、診療、エステなど、これまで対面で行われていたサービスが、オンラインコミュニケーションツールの発展によりWeb上でサービスを提供することができるようになりました。
このようなオンラインサービスは通信販売と同様、利便性の高さからクレジットカードが主な決済方法として選ばれています。

アルファノートでは、決済用ページのURLを張り付けるだけで決済ができるメールリンク型の決済サービスなど、オンラインレッスンやスクールなどに適した決済サービスを提供しています。

このような事業者様におすすめ

サイト制作の知識なくクレジットカード決済を導入したい方

導入までのタイムラグによる売上減少が不安な方

月謝や会費の支払いを自動で行いたい方

オンラインレッスンのWebサイトを持っていない方

店舗決済とWeb決済をまとめて導入したい方

業種例

  • オンラインスクール オンラインスクール
  • オンラインジム オンラインジム
  • オンラインエステ オンラインエステ
  • オンライン診療 オンライン診療
  • オンラインサロン オンラインサロン
  • オンラインイベント オンラインイベント

オンラインレッスンに決済サービス導入のメリット

利便性の向上による売上アップ

オンラインレッスンにクレジットカード決済を導入することは、エンドユーザー側における利便性の向上が見込めます。クレジットカード決済を希望するエンドユーザーは全体の約70%にものぼり、続いてコンビニ決済が利用されています。現金よりもスピーディに支払いが可能なオンラインでのクレジットカード決済の需要増加によるものであり、キャッシュレス決済に対応することで、顧客満足度を高め、支払い完了の手前での脱落を防ぎます。
※平成29年通信利用動向調査報告書(世帯編)/総務省 より

最短2営業日のスピード導入

アルファノートのWeb決済は申し込みの翌営業日には、ID・パスワードを発行することができます。そのため、開業したばかりの方やサービスの提供をオンラインに移行したばかりの方でも、期間が空くことなく事業を続けることができます。決済画面については、アルファノートの決済画面を利用することもできますが、事業者様が独自でカスタマイズした決済フォームを利用することもできます。また、ご希望に合わせて当社でカスタマイズをすることもできるため、Webサイト制作の専門知識をお持ちでない方でも安心して導入できます。

サブスクリプション決済(継続課金)機能付き

サブスクリプション決済(継続課金)は、始めに課金時期や金額を設定することで、継続的に利用料金を引き落とすシステムです。
始めに設定を行えば、その後は自動で課金が行われていくため、月謝制の事業には不可欠なシステムです。
また、上述したメールリンク型決済サービスでも、サブスクリプション決済(継続課金)機能を付けることが可能です。
≫サブスクリプション決済(継続課金)を利用したい

メール1本でクレジットカード決済が可能

アルファノートのオンライン決済サービスのひとつに、メールリンク型決済サービスがあります。 決済URLが記載されたメールを送り、エンドユーザーがクレジットカード情報を入力することで決済が完了します。ホームページに決済機能がない事業者でも、メールリンク型決済サービスであれば手軽に決済システムを導入することができます。
≫メールリンク型決済サービス

店舗からオンラインまで幅広く対応

オンラインレッスン向けのWeb決済だけではなく、店舗向けのキャッシュレス決済端末も導入可能です。英会話教室やフィットネスクラブなど、以前まではエンドユーザーが店頭に出向いてサービスを提供していた業種でも、簡単にオンラインレッスンを併用することができます。事業の経済範囲は店舗の近郊だけではなく全国各地に広がるため、幅広い顧客獲得が見込め売上アップにもつながります。また、スクールやジムの店販商品をオンライン展開することで、事業のさらなる収入源になります。