移動・訪問販売

移動販売や訪問販売において、高額単価の商品はクレジットカード決済を導入することで購買の促進を図ることができます。その際、「いかに持ち運びやすく、簡単に利用できる端末か」という点が重要なポイントになるかと思います。当社では、手軽に持ち運べる端末による「ポータブルCAT端末決済」や、幅広いキャッシュレス決済に対応した「ポータブルマルチ決済端末」を提案しております。

クレジットカード決済の導入メリット

ポータブル機能搭載が便利
アルファノートのポータブルマルチ決済端末は持ち運び可能なポータブルの決済端末です。ポータブル機能を搭載している端末でポイントになるのが「バッテリー」ですが、1度の充電で24時間利用できることから、出張販売やタクシーの支払いなどのシーンでスムーズに決済することが可能です。
出張販売やタクシー以外に、催事やテーブルチェックでの支払いにも最適な決済端末です。
顧客のニーズに対応し集客力アップ
訪問販売やタクシーでは、他業種と比較するとクレジットカード決済の導入率が低い傾向にあります。理由は、ポータブル性能を搭載した決済端末を扱っている決済会社が少ないことです。裏を返せば、競合企業はカード決済を利用することができない場合が多いため、クレジットカード決済を導入することで一定数のユーザーを囲い込むことができるといえるでしょう。
安心して使えるセキュリティ面
PCを持ち運ぶ場合、社外秘が漏れることのないようセキュリティの強化に神経を使う会社が多いと思います。。セキュリティを強化すべきという点においては、クレジットカード情報を扱う決済端末機も同様です。セキュリティ面を強化しているかの指標のひとつに「PCI DSS」に準拠しているかどうかという点があります。当社では「PCI DSS」に準拠しており、場所に関わらず、安心してご利用いただけるサービスを提供しています。
PayPayにも対応した決済端末
当社のポータブルマルチ決済端末はPayPayといったQRコード決済にも対応しています。近年普及しているQRコード決済は、10代・20代の利用率が高いことから、導入することで将来性の高い消費者を集客できるといえます。
特に、人気スポットの近くで販売することの多い移動販売は、”何かの目的のついでに立ち寄り購入される”シチュエーションが多く、所持金(現金)が少ない可能性があります。このように、所持金が少ない消費者がいることも踏まえ、決済方法は複数導入しておくと良いでしょう。
また、キャッシュレスの利用頻度が高い訪日外国人が利用しやすい環境を整えておくことも大切です。利用頻度の高いVISA,Mastercardなどのクレジットカード決済の導入と併せて、訪日者数が最も多い”中国人”に対応できるよう「WeChatPay」や「ALIPAY」を導入することで中国人に対する機会損失を防ぐことができます。
移動販売で利用可能な決済ブランド移動販売で利用可能な決済ブランド
※業種や業態によって、一部ブランドのご案内ができない場合がございます。

移動・訪問販売の導入事例

移動・訪問販売におすすめの決済サービス

狭いスペースでも場所を取らずにクレジットカード決済端末1台で完結

アルファノートのクレジットカード決済端末機は訪問販売、移動販売の際に便利なレシートプリンター内蔵型の端末です。屋外でのお支払いの際も1台で完結することができます。