不動産

近年のキャッシュレス化が進む社会において、敷金・礼金や家賃支払いなどの不動産関連の支払いに対し、クレジットカード決済の需要が高まっています。エンドユーザーにとって、大きな金額が動く賃貸不動産契約でクレジットカード決済を利用できれば、支払いのタイミングを後ろ倒しにできる、ポイントやマイルが貯められるなどの大きなメリットがあります。また、クレジットカード決済を利用することで、入居希望者は手持ちのお金を気にすることなく契約を結ぶことができるため、賃貸不動産の管理会社や仲介会社は機会損失を防ぐ効果も期待できます。

不動産業界におけるクレジットカード決済導入のメリット

機会損失を削減できる
賃貸契約の初期費用は、家賃の4~6ヶ月程度が一般的な相場と言われています。例えば8万円の家賃であれば32万円~48万円が発生します。手持ちの現金が少ない入居希望者にとって、初期費用が払えず賃貸契約ができないケースもあります。クレジットカード決済に対応することで初期費用を支払うハードルが下がり、新規顧客獲得の機会損失を削減する効果があります。
分割・リボ払いで売り上げアップ
クレジットカード決済は、支払うタイミングが後ろ倒しになるだけではなく、分割決済やリボ払いもできるようになります。 分割・リボ払いが可能になると、少々高い物件でも契約が可能となるため売上げアップが期待できます。
非対面での決済が可能
不動産の賃貸契約は、店舗窓口で行うことが多いと思います。 しかし、入居時の初期費用の支払いや退去時の清算に関しては、店舗まで行くことが難しいケースもあります。そのような場合には、オンライン決済やメールリンク型決済を利用することで、場所と時間を選ばず決済を完了することができます。

アルファノートが不動産業界で選ばれる理由

個人経営の不動産会社でも利用可能
アルファノートでは、これまで10,000店舗以上の導入実績があり、その中で培った独自のノウハウで導入のサポートを行っています。個人経営の事業者様や開業したばかりで売り上げの実績がない事業者様、これまで現金のみの費用回収を行っていた事業者様なども導入実績があります。お気軽にご相談ください。
多様な決済方法に対応
クレジットカード決済だけではなく、QRコード決済や電子マネー決済など様々なキャッシュレス決済の導入が可能です。アルファノートを介することで契約が一括で済むため、煩雑になりがちな審査や手続きの手間を最小限にすることができます。

不動産業界でおすすめの決済サービス

クレジットカード決済端末のほか、メールリンク型決済サービスもおすすめです。

ご導入の流れ

決済端末を導入する際の流れです。メールリンク型決済やオンライン決済の導入の流れについては、各サービスページをご確認ください。
≫オンライン(Web)決済
≫メールリンク型決済

  • STEP:1
    お問い合わせ
  • STEP:2
    お申込書と必要書類のご提出 ※必要書類については問い合わせください
  • STEP:3
    加盟店審査
  • STEP:4
    端末設定
  • STEP:5
    お届け・サービス開始