WeChat Pay(微信決済)

WeChat Pay

中国人9億人に利用されているWeChatアカウントを利用したWeChat Pay決済システムです。
中国ではスマホでのモバイル決済額が600兆円を超え、日常の支払いの大半をモバイル決済で行っています。

アルファノートではそんな訪日中国人の方が普段利用してるWeChat決済を対面、非対面、端末をお持ちでない店舗様向けなど、様々なご利用シーンに応じたWeChat Payサービスを用意しております。

タブレット・スマホを利用したQRコード読み込みタイプ、紙面やPOPにQRコードを提示して利用が可能な事前決済タイプ、多数の来客時にご利用頂ける対面型タイプ、通販やチラシ掲載に適したQRコード提示型タイプといった複数のご利用サービスを用意しております。

WeChat Payとは?

現在、約9億人が利用しているモバイル型決済システム
中国で最も普及しているスマートフォン用SNSアプリ「WeChat」を使用した決済システムで、あらかじめ登録した銀行口座から自動で引き落としができる仕組みのサービスです。中国、台湾、香港から来日する旅行客はほとんど「WeChat」を利用しており、SNSアプリをダウンロードしてあればスマホひとつで決済できることから普及が進んでいます。

訪日観光客と訪日中国人の推移

JNTO(日本政府観光局)から発表された「訪日外客数・出国日本人数データ」によると、訪日観光客の推移は2019年度(年間)3,000万人に上り、過去最多を更新し、中国人の訪日観光客が全体の約3分の1を占めています。事業者は、中国人観光客へ柔軟に対応する事が求められています。(内訳:中国959万人)

訪日中国人の伸び率・消費額 訪日中国人の伸び率・消費額

WeChat Pay 世界のペイメント機能

中国のテンセント社が運営するSNSアプリ「WeChat(ウィーチャット)」には、約13憶人のアカウントが登録されています。テンセント社が2019年11月13日に発表したデータによると、月間アクティブユーザーは11.5億人となります。日本最大級のSNSアプリ「LINE」のアクティブユーザー8,300万人(2020年1月29日時点)と比較すると、「WeChat」の市場規模は「LINE」の約9倍に上ります。また、以下の特徴から「WeChat」の決済市場は今後さらに拡大していくと考えられています。

中国のキャッシュレス普及率、中国最大の決済手段 中国のキャッシュレス普及率、中国最大の決済手段

支払い方法と日本語対応

事業者が「WeChat Pay(読み:ウィーチャットペイ、中国語訳:微信支付)」で支払いを受ける際は、中国人旅行者がスマートフォンで提示するバーコードを事業者が読み取る、もしくは事業者が提示するバーコードを中国人旅行者が読み取ることで、簡単に決済が行えます。
また「WeChat Pay」のアプリケーションは、日本語に対応しているため、問題が発生した場合でも、中国人旅行者と事業者間でトラブルになりにくいサービスです。

海外旅行サイトと連動している

「WeChat Pay」は、中国最大級の海外旅行ポータルサイト「穷游网(Qyer)」と連動しています。
航空券やホテル・レンタカーの予約ができる「穷游网」 から中国人旅行者が支払いを行う場合、「WeChat Pay」が自動的に適用される仕組みとなっています。

WeChat Pay決済のメリット

QRコードで決済が簡単に
QRコードでスピーディに決済ができるので、レジが混雑することがありません。
格安の手数料
一般的な中国人向け決済と比較して店舗の決済手数料が安価にご利用いただけます。
レジの回転効率UP
印刷したQRコードでも決済ができます。店頭や屋台など決まった金額の商品をひとつのQRコードで決済処理できます。

WeChat Payが普及した理由

SNSの拡散機能による集客効果
母体であるWeChatはSNSが本来の役割であり、他のSNSと同様に拡散機能がついています。WeChat Payで決済を行うユーザーは当然、SNSを利用しているので口コミの拡散による集客効果が期待できます。決済の環境を整えると同時に、インバウンド対策のソリューションにもなる、そんな便利なツールなのです。

WeChat Pay タイプ別決済の流れ

CAT端末タイプ

  • ①端末器メニューのWeChat Pay決済を選択し、金額をご入力頂くと自動で決済用QRコードが生成されます。

  • ②発行したQRコードはそのまま提示するほか、レシートにQRコードを印字しお客様にお渡し頂くことも可能です。

  • ③お客様のスマホでコードを読み取り、必要情報を入力します。

対面式MCタイプ

  • ①あらかじめ店頭にQRコードを掲載したPOP等を準備します。

  • ②用意したQRコードをお客様のスマホでコードを読み取り必要情報を入力します。

  • ③決済完了後、お客様のスマホに決済完了が通知されますので、店舗はその画面で完了を確認します。

対面式SSタイプ

  • ①タブレットに商品の金額を入力します。

  • ②QRコードが表示されます。お客様のスマホでコードを読み取り必要情報を入力します。

  • ③決済完了後、店舗のタブレットとお客様のスマホに決済完了が通知されます。

WeChat Payの周知・集客方法

「WeChat Pay」を導入した事業者は、中国語に対応した店頭POPやサイトを用意し、中国人の方が訪問しやすい環境を整えましょう。中国人の離脱を防ぎ、購買意欲を高める事で、見えないところで逃しているかもしれない需要をキャッチすることができます。また、SNSなどを利用することで「WeChat Pay」が使える店舗であることを、中国人の方向けに周知することできます。

周知・集客の流れ

  • STEP1 インバウンド対応

    STEP1 インバウンド対応
    WeChat Payの利用者はほとんどが中国人です。中国人向けサイトを構築することをお奨めします。

  • STEP2 周知

    STEP2 周知
    店頭POPやチラシ、ステッカーなどを使用し、WeChat Payでの支払いができることを知ってもらいましょう。

  • STEP3 SNSマーケティング

    STEP3 SNSマーケティング
    SNSの広告等を使用し、集客・分析・対策を行うことで、集客の最大化を実践しましょう。

WeChat Payの導入おすすめ企業

スマートフォン用のSNSアプリ「WeChat」で利用ができる「WeChat Pay」には、紅包(ラッキーマネー)という機能があります。紅包は、アプリ間でお祝い金などを送ることができる機能で、お年玉・卒業祝い・結婚祝いなど幅広いシーンで利用されています。
紅包のような幅広い年代が利用しやすい機能を備えた「WeChat Pay」は老若男女問わず普及しているため、ホテルや飲食店・物販店など幅広い事業者に導入のメリットがある決済手段といえるでしょう。

WeChat Pay ご導入の流れ

STEP1
お問い合わせ
STEP2
サービスのご案内・お見積もり書提出
STEP3
お申込書のご記入・ご提出
STEP4
お申込書受領・システム登録作業
STEP5
ご納品・サービス開始

中国市場におけるモバイル決済の躍進とWeChat Pay

中国市場で急増するモバイル決済
近年、中国市場はモバイル決済を選択するユーザー数が急増していますが、急増の背景には2つ理由があります。1つ目はスマートフォンとフィンテック(FinTech)の普及です。2つ目はモバイル決済市場を牽引するアリババ社Alipay(読み:アリペイ、中国語訳:支付宝)と、テンセント社WeChat Pay(読み:ウィーチャットペイ、中国語訳:微信支付)の急速な成長です。
シェア率増大するWeChat Pay
Alipayを提供しているアリババ社は中国で初めてスマートフォンに決済機能を搭載し、テンセント社は中国で最も利用されているSNSサービスWeChat PayにQRコード決済機能を搭載した会社です。
両社のサービス開始時期は、アリババ社のAlipayが2004年、テンセント社のWeChat Payが2013年と、開始時期には9年の開きがありますが、現在、WeChat PayはAlipayと肩を並べる存在として知られています。
※中国調査会社(易観)の調査参考

モバイル決済・市場シェア

モバイル決済・市場シェア モバイル決済・市場シェア

モバイル決済・決済額の推移

モバイル決済・決済額の推移 モバイル決済・決済額の推移