キャッシュレスとは?
代表的なサービスを漫画で紹介

キャッシュレスとは?
現金以外の支払い方法全てが該当

キャッシュレスの定義は広く、基本的には現金以外の全ての支払い方法をいいます。代表的なキャッシュレス決済は銀行振込やクレジットカード決済、QRコード決済、電子マネー決済などがあります。キャッシュレス決済は現金の持ち合わせがなくても買い物ができる、買った者の履歴が残るなど、エンドユーザーに大きなメリットがある一方で、店舗側にも経理業務やレジオペレーションの簡略化などのメリットをもたらしています。
2018年4月に経済産業省が「キャッシュレス・ビジョン」を策定し、国をあげてキャッシュレス決済が推進されるようになりました。日本のキャッシュレス決済の支払額比率は2008年時点で13.2%程度でしたが、2020年には28.5%と約2倍まで増えています。
QRコード決済や電子マネー決済など多種多様なサービスが登場し続けており、増え続ける決済サービスの中で、どのサービスを優先的に導入するべきなのかをご紹介します。
(参考:日本クレジット協会調査、日本デビットカード推進協議会、日本銀行、キャッシュレス推進協議会、内閣府「国民経済計算」)

実店舗向けの決済サービスのご紹介

クレジットカード決済をはじめ、キャッシュレス決済には様々な種類があります。
それぞれのサービスにどのようなメリットがあるのかを紹介します。

クレジットカード決済

クレジットカード決済は、日本で最も利用されているキャッシュレス決済であることが最大の特徴です。
導入している店舗も多く、飲食店や物販店、エステサロンや整体院など数多くの事業者がクレジットカード決済を導入しています。

担当
キャッシュレス決済をまだ未導入の店舗様には、最初にクレジットカード決済を導入することをお勧めしています。
決済サービスの中でも、クレジットカードの利用はキャッシュレス決済の中で約5割を占める(※1)という調査結果も出るくらい利用者が多いんです。(※1:参照「キャッシュレス決済に関する利用状況調査2020」)
店主
なるほど。クレジットカード決済の導入には確かカード会社のそれぞれ審査をお願いする必要があるんですよね?
担当
おっしゃる通りです。ただ、弊社のような決済代行を利用すれば、JCB・VISA・Mastercardなどの各カードブランドの申請を一括で行うことができます。またクレジットカード決済以外にも、各種QRコード決済などの審査申請もまとめて出すことできますよ。
店主
申請がまとめて行えるのは助かりますね
決済代行を利用しない場合・決済代行を利用した場合決済代行を利用しない場合・決済代行を利用した場合
担当より一言

決済代行を利用すると面倒な審査申請作業の一元化することができます。また、決済状況の確認も一つ管理画面にまとめることができ、各ブランドの入金なども同じサイクルに合わせられるので、運用上の管理が大幅に削減できます。

QRコード決済

QRコード決済は2016年頃から徐々にサービスが増え、政府のキャッシュレス推進施策等も相まって数十の企業がQRコード・バーコード決済サービスを展開しています。
決済の流れは店舗が提示したコードを利用者がスマホで読み込む「ユーザースキャン方式」、利用者が自分のスマホにコードを表示させ店舗側に読み取ってもらう「ストアスキャン方式」があります。

店主
店の看板とか入り口にもQRコード決済のロゴが貼られているのをよく見かけますね。
担当
QRコード決済はここ数年で種類が急増していて、各企業が大規模なキャッシュバックキャンペーンなどを行っていることもあり、認知度は非常に高くなってきました。
店主
これだけ種類があると何を基準に導入すればいいのか分かりません..。
担当
そうですよね。なるべく利用ユーザー数が多いQRコード決済を優先して導入することをおすすめしています。ただ、最終的に支払い方法を選ぶのはエンドユーザーなので、様々なQRコード決済をまとめて導入しておくことで機会損失を防ぐことができます。
QRコード決済をPayPayしか導入していない場合・まとめて導入した場合QRコード決済をPayPayしか導入していない場合・まとめて導入した場合
担当より一言

アルファノートの決済端末はQRコード・バーコードの読み取りができ、レシートも印刷できます。プリンターなどの付属機器を購入せずに1台導入するだけで利用が可能です。

国内QRコード・バーコード決済

海外QRコード・バーコード決済

交通系電子マネー決済

交通系電子マネーは、 ICカードやスマホでタッチするだけで現金の代わりに支払いができる決済方法です。スピーディーな決済が魅力で、交通機関やコンビニエンスストアなどで広く利用されています。

担当
交通系電子マネーとは、PASMOやSuicaをはじめ、各鉄道会社が発行している電子マネーを指します。少額の決済もスムーズに決済を行えるため、タクシーや小売店、飲食店を中心に導入されていますね
店主
お昼時は特に混雑するので、電子マネーを導入すればレジの回転が上がり、スタッフの負担も減りそうです
担当
そうですね!レジオペレーションの向上は勿論、釣銭を減らせる・受け渡しミスが無くなるなどのメリットも大きいですね
店主
それにお客様もいちいち現金を出す必要もなくなるので、気軽に買い物をしてくれる気がします。
担当より一言

自分の商圏エリアの電子マネーを導入しておくと、ユーザーの利便性の向上につながります。アルファノートでは下記の電子マネーブランドの導入が可能です。

  • Suica
  • PASMO
  • Kitaca
  • TOICA
  • manaca
  • ICOCA
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん

全てまとめて導入可能!ポータブルマルチ決済端末

アルファノートでは数種類の決済サービスを1台で導入できるようにマルチ決済端末機を取り扱っています。レシートプリンターも搭載されているため、他に機器を購入する必要がなく、端末機一台で決済を完結することができます。

ポータブルマルチ決済端末
バッテリー 充電式、24時間
ネット環境 4G回線、Wi-Fi
レシート プリンター内蔵
カード
リーダー
非接触IC、接触IC、磁気
カメラ 500万画素、フロントカメラ、バックカメラ

キャッシュレス決済の導入のメリット

  • 販売機会拡大の期待

    販売機会拡大が
    期待できる

    クレジットカードの発行枚数は2億枚以上、QRコード決済のPayPayはユーザー数1000万人以上と今もなお増え続けています。キャッシュレス決済を希望の方は、初めから利用可能かどうかでお店を選択するケースも多いため、導入することで集客に繋がります。また現金を持っていないときの機会ロスを防ぐこともできます。

  • 客単価アップ

    客単価アップ

    マサチューセッツ工科大学の実験結果によると「クレジットカード決済は、支出の現実感が薄れるため支出機会が増加し、1回あたりの支出が現金よりも多くなる傾向にある」というデータを出しています。キャッシュレス決済の導入は、客単価UPの効果が期待できます。

  • 売上管理の効率化

    レジオペレーションと
    売上管理の効率化

    レジの回転率が向上し、おつりの間違いなどのトラブルが減ることにより顧客満足度に繋がります。またキャッシュレス決済による売上は全てデジタル管理になるため、管理も簡単になります。
    人の手を減らすことができるので、人件費の削減にも繋がります。

まとめ

キャッシュレス決済を利用するエンドユーザーは今後さらに増え続けると予想されています。それに伴い、店舗側はニーズに合った決済サービスを導入する必要があります。
アルファノートではクレジットカード決済、QRコード決済、電子マネー決済を主に提供しております。店舗に合った決済サービスが何か、端末はどのようなものでどう使うのか、決済手数料はどれくらいなのかなど、担当から詳細をご案内をさせていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。