決済代行サービスのメリットとは?○○な企業は絶対導入した方がいい!

近年、クレジットカード決済を始めとして、電子マネー決済やQRコード決済など様々なキャッシュレス決済サービスの普及が進んでいます。多種多様なキャッシュレス決済サービスの登場によってエンドユーザーのニーズも多様化しているため、幅広い決済サービスに対応していくことが今後事業を継続していく上で重要なポイントになります。この様々な決済サービスの中から事業者様に最適な決済手段を提案し、導入や運用のサポートを行うのが決済代行会社です。
≫キャッシュレス決済導入をお考えの方へ

決済代行とは?

決済代行サービスは、クレジットカード決済や電子マネー決済、コンビニ決済、QRコード決済などの決済サービスを一括契約によって導入できるサービスです。決済代行会社を利用することで、様々なキャッシュレス決済を簡単に導入することができ、煩雑になりやすい導入時の手続きや入金管理を効率的に行うことができます。

決済代行の仕組み

決済代行とは、決済代行会社が事業者様と各カード会社の間に入り、クレジットカード決済を始めとした各キャッシュレス決済サービスを一括契約で導入できるサービスです。事業者様が各カード会社と直接契約することも可能ですが、契約時や運用時に多くの手間が掛かります。決済代行会社を利用することで、様々なキャッシュレス決済の導入が簡単にでき、管理も簡略化できるため業務の効率化に繋がります。ただし、決済代行会社によってカバーしている決済サービスが異なるため、自社のサービスや顧客のニーズに合わせた決済代行会社を選ぶことが重要です。

直接契約をする場合・決済代行を利用する場合直接契約をする場合・決済代行を利用する場合

決済代行サービス契約のメリット

クレジットカード決済はカード会社と契約することで導入することができます。導入方法は2通りあり、カード会社と直接契約を結ぶ方法と、決済代行会社を介して契約を結ぶ方法です。直接契約を結ぶためには、VISA、MasterCard、JCBなど、1社ごとに契約を結ぶ必要があるため、手間がかかり、入金日も異なることから管理が難しくなるといったデメリットがあります。
決済代行業者を通すことでそのような問題が解決することができます。

契約時のメリット

複数のカードブランドと
一括契約できる

直接契約を結ぶためには各カード会社1社ごとに審査の書類を送る必要があり手間がかかります。決済代行会社を通すことで、希望するカードブランドの審査を一括で行うことができ、手続きを簡略化することができます。

決済端末・決済システムの
用意が不要

決済代行会社はクレジット決済が実行できる端末機や、セキュリティが整えられているオンライン決済システムを提供しています。導入時に必要な決済端末機や決済システムの用意などの手間が削減できます。
※当社の端末機は初期設定など、一部事業者様側で行っていただくことがあります。

利用時のメリット

1台の決済端末機で複数種類の
決済サービスを利用できる

決済代行会社の決済端末機は、クレジットカード決済だけではなくその他の決済サービスの利用ができる機種があります。当社の端末機では、クレジットカード決済、QRコード決済、電子マネー決済など、幅広いサービスを1台の端末機で利用することができます。

決済失敗などの
トラブルにも素早く対応

決済端末機の故障や、システムの不具合などで決済を失敗してしまうことが稀にあります。このような時に決済代行会社を通して契約を結んでおけば、失敗の原因や対応方法を細かく指示してもらうことができます。また、決済の失敗や売上金額などは代行会社で管理しているので、いつでも確認が可能です。

運用時のメリット

経理処理の手間軽減

クレジット決済の売上は都度入金されるのではなく、定められた日にまとめて入金されます。カード会社と直接契約を結んでいる場合は、入金はカード会社ごとに入金されるので管理が面倒になりがちです。決済代行会社を通すことで、全カードブランドの売り上げ金がまとめて入金されるので、管理が簡単になります。

管理画面による一括管理

どのカードブランドからどれくらいの入金があったのかをカードユーザー単位で確認することができます。また、請求金額の取消しや、金額変更も管理画面から行うことができます。過去の対応履歴も確認することができるので、決済処理やその他対応も容易に行うことができます。

決済代行サービス導入をおすすめする事業者様

決済代行サービスは、クレジットカード決済やQRコード決済・電子マネー決済を導入したい事業者様におすすめです。当社の決済代行サービスは、店舗に適した決済端末に加え、オンライン決済(Web決済)やサブスクリプション決済(継続課金)・野外利用、短期利用に適した端末など、様々な状況に対応することができます。

オンライン(Web決済)をご希望の事業者様

オンライン決済(Web決済)はインターネット上で決済を完結させるサービスです。ECサイトやオンライン診療、飲食・宿泊のWeb予約など幅広いサービスに利用できます。支払い方式は「リンク方式」と「トークン方式」に区分されます。「リンク方式」は決済代行会社が予め用意した支払いページを使用し、「トークン方式」は内部の決済システムのみ決済代行会社が用意する方式です。決済代行サービスを利用することで、事業者様は顧客のクレジットカード情報を保持することなく導入できます。また、Visa や Master 等のクレジットカード決済や「PayPay」など複数の決済ブランドをまとめて審査し、契約することも可能です。

サブスクリプション決済(継続課金)を利用したい事業者様

エステサロンやスポーツジム・スクールなど、定額の支払いを必要とする事業者様には、毎月指定日に自動決済が可能な「サブスクリプション決済(継続課金)」がお勧めです。当社は対面・非対面のどちらの支払い方法であっても「サブスクリプション決済(継続課金)」を利用できます。
対面の場合は、初回来店時に店舗でクレジットカード決済を行い、2回目以降の決済から自動決済が可能となります。「サブスクリプション決済(継続課金)」を導入することで、消費者は手ぶらで店舗に通うことができ、店舗は未収率を軽減できます。
「継続課金」だけでなく「都度課金」「クイックチャージ課金」にも対応しているため、状況に応じて課金タイプを変更することも可能です。

屋外で決済サービスを利用したい事業者様

イベントや移動販売・コンサート等、屋外で決済サービスを利用したい場合、据置型の決済端末では対応することが出来ませんが、当社の「ポータブルマルチ決済端末」「ポータブル決済端末」であれば対応可能です。この2つの端末は、バッテリーを端末内部に搭載しているため長時間持ち運びでき、docomoの4G回線やWi-fi通信に対応しています。「ポータブル決済端末」は1度の充電で最大3日間利用でき、「ポータブルマルチ決済端末」は数多くの決済ブランドに対応しています。1日~3日の短期利用は決済代行サービスを利用しても対応できないケースが多くありますが、当社は最短1日の「デイリープラン」から、3日以上の「スタンダードプラン」までご用意しています。

まとめ

決済代行会社を利用することで、導入時や運用時の手間を軽減することができます。キャッシュレス決済の需要増加に伴い様々なキャッシュレス決済サービスがリリースされていますが、自身が取り扱っている商材やサービス、顧客のニーズなどから導入する決済サービスを選択することが重要です。
アルファノートでは、対面決済から非対面決済、多くの業種やシチュエーションに対応した決済方法をご用意しています。是非お気軽にご相談ください。